Capture%20d%E2%80%99e%CC%81cran%202021-0

アトリエ・エレマン・プレザンは

ダウン症の人達のためのプライベートアトリエです。

「エレマン・プレザン」とは、「現在の要素」を意味します。

現在というこの時代、場所において、重要な構成要素でありたい、

と言う理想から名づけられました。

アトリエ・エレマン・プレザンは1991年から活動を始めましたが、

その前身は画家佐藤武雄のアトリエで、

1969年から89年まで活動した世田谷版画工房です。

この工房での表現技術の蓄積と芸術に対する考え方が

ダウン症の人々の感性と出会いました。

15年目に入った2001年からはさらに若いスタッフが中心となり

「ヴィヴァ」と「エコール(アトリエ学校)」が始まりました。

現在、ダウン症の人々50名(うち2人は他の知的障害を持つ人)が

三重県大王町にある、英虞湾を望むアトリエと東京・代々木のアトリエに通い、

絵画や銅版画、彫塑の制作を行っています。