検索
  • Down's Town Project

Sustainable think.


皆さまこんにちは。


昨日から急に暖かくなって、

Tシャツ、ビーサンの志摩です。


さてさて、ちゃんとしたご案内をしないまま4月が目前に…!

3月12日有楽町マルイ7Fにオープンしたショップ sustainable think.


フラボアのデザイナーをされていた

ササキハルキさんプロデュースです。

SDGsがキーワードになっている様々な試みの詰まったショップになっています。


販売されている物は

キューピーのマヨネーズ工場から大量廃棄される卵の殻で作られたコースターとか、

車のエアーバッグがアップサイクルされているbagとか。

どれもデザイン的にかっこいいものばかりで普通に持ってたいアイテムばかり。


そこに、なんと、

「ダウンズタウン」というコーナーが。

マルイにダウンズタウン。

いいんですかい?

って感じなんですけど、



オープニングに伺ったら

ちゃんとありました。ホッ。

モデルさんが着用されているのはこのパターンです。

今回は全部で4パターンあります。


ササキさんにはフラボア時代からお世話になっていて、

もうかれこれ10年近いお付き合い。

ササキさん。


初めて一緒に写真撮りました。

名刺交換も多分初めて。

「今さら〜」って大笑いしながらやりました。

お互い名刺変わったからここはやらないと!

あ、私は寝不足で目が腫れています…


私が着ているのもダウン症の方の作品が起用されたもの。

裸で歩いてるんじゃないかと不安になるくらい軽くて、薄くて、

夏はめちゃくちゃ涼しいとのこと。



それで、なんでマルイにダウンズタウンなのかといいますと、

昨年夏に独立されたササキさんから、

年末にアトリエを閉鎖したばかりの私たちにご連絡を頂いたのでした。

お正月のことでした。

長いお付き合いの中で、

お互いに大きな転機を迎えていたことに改めて

不思議なご縁を感じました。


お互いにバタバタ過ぎて状況を把握してなかったので、

連絡取り合ってびっくりって言う。


「え、もうフラボアにいないんですか?!」

「東京アトリエ無くなっちゃうんですか?!」

ってマンガみたいな展開でしたが、

フラボアを辞められたササキさんはちょっと楽しそうで、

イキイキされていて、お元気そうでした。


一方、私たちは本当に多くの方にご心配とご迷惑をお掛けして閉鎖して、疲れ果てていたお正月。

ササキさんがZoomで開口一番、

「佐久間さんも佐藤さんも大変でしたね〜!笑」

って、笑って下さって。笑

それに本当に救われました。

涙も枯れ果てた頃に

笑う事を思い出させてくれた

ササキさんには感謝でした。


そんな流れで

Zoom打ち合わせから〆切まで

3ヶ月を切ってる中で準備を進めてきました。


洋服になる時、

作品はトリミングされます。

引き伸ばしたり、縮小したりも。


それで、アトリエとしては

作品全体もご覧いただけたら嬉しいな、と思いまして

原画をほぼ再現した「Down'sCanvas」という商品を

つくることになりました。


3ヶ月無いのに。


でもこれはササキさんが独立されたから出来ることで、

みんなにとっていいチャンスになるかも、と思って頑張りました。


なので今回ワンピースに起用された作品は、

どれもDownsCanvasになって

販売がスタートしています。


じゃーん!!


利益の50%を作家にお渡しさせて頂くという、アトリエが考える、アトリエに出来る最大のsustainable商品です。

残りの50%はダウンズタウンプロジェクトの活動資金になります。

カフェや、グループホームをつくることが目標です。


どうぞよろしくお願い致します。


DownsCanvas


233回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示