検索
  • Down's Town Project

ご感想


こんばんは〜。


月曜日に待ちに待った「ワカメの口開け(くちあけ)」の放送が鳴って、

いよいよ春本番の志摩です。


あ、口開け=解禁 です。

ワカメを採っていい大きさになっているか、海女さんや漁師さんがチェックして

「よっしゃ!」というタイミングで口を開けます。

だから毎年違います。

例年はお雛様の頃なので、

今年は少し遅かったようです。


そして我が家の庭ではつくしも。

明日天ぷらにしようかな。


さて、ブログに書きたいことはたくさんあるのですが、

先日遊びに来てくれたダウン症の直太朗くんママから頂いたメールがとっても嬉しくて、

もしかしたらこのブログをご覧くださっている方の中にも

まさに今同じような想いをされたり、直太朗ママに背中を押される方がいるんじゃないかなと思ったので、ご本人からの快諾を頂いた上で一部ご紹介させて頂きます。

よろしければご覧ください。


「よしこさん


昨日は楽しい時間をありがとうございました❣️

私も初対面とは思えない感じしてました😙またゆっくりおしゃべりしに行きたいです😊

直太朗もお家でくつろがせてもらえて嬉しそうで嬉しかったです❣️あんなにはじめての家でくつろぐのめちゃくちゃ珍しいんですー。実家ですら時間かかるのに😆 

さすが佐久間さんとよしこさん家だわ〜って思いました。😊


そうそう、

私妊娠14週目でダウンちゃんかもって言われて、 でも痛い羊水検査なんて絶対したくなかったし、

どっちだって産むしって思ってたので、エコーで大体わかるっていう先生見つけて、その先生に診てもらいに行ったんですね。

そしたら、限りなく一番高い可能性でダウンでしょうって言われてね。しかも、むくみがすごいから多分お腹の中で6ヶ月までに亡くなる可能性が高いって言われててね。

その日から毎週東大病院に検診で通ってたんですよ〜。

で、最初は悲しんでたんですけど、パパがELLEのよしこさんが出てるエレマンプレザンの記事を見つけてね。それ見た瞬間から、悲しみより楽しみに変わったんですよ〜🌈 

無事に産まれた後も、佐久間さんのお話聞いたり、お母さんのお話きいたり、記事読ませてもらったりで、本当にダウン症の子授かれてラッキーって思えるようになってね。

なので本当によしこさんはじめ、佐久間さん、お母さんお父さんには感謝しかなくて💓

よく、子どもが大きくなっても「それでもやっぱり普通の子だったらよかったな」っていうお母さんいるけど、私、ほんとにそういうふうに思った事なくて。

なので、まあ、いたづらとか色々大変なことは多いですけど、新しい美しく楽しい人生が始まったなあって思ってます✨

一番の理解者のエレマンプレザンファミリーのお陰です。感謝感謝です✨ 

しかも、なんかみなさんゆるくて(すみません😅)すごい居心地よかったです💓😙💓

また遊びに行かせて下さいね!

直太朗も何回か行くと、場所に慣れてくるので、いつか、油絵も体験させてあげたいな♡


これからも親子共々よろしくお願いします😊」


アトリエをやってきてよかった、

と心底思えた瞬間でした。

また一組、長野県に新しいご縁が出来たこと、嬉しいです。

志摩のアトリエには年々、全国から遊びに来るダウン症の方とそのご家族が増えつつあります。

そしてみなさんなぜか、

毎年来られるようになる。笑

アトリエに来ることを「郷帰り」

と仰る方もいます。

1年に1、2回でもご家族の方も

心身共にリラックスして過ごしていただける場を、これから作れたらなぁと思っています。

もちろんダウン症の方じゃない人も。


ダウンズタウンプロジェクトは、

そんなプロジェクトです。


さて、サッカーしに行ってる息子をお迎えに行ってきます!



52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示